世界最速硬化 カーボンプリプレグ セレカーボ

HOME > 研究開発 > 炭素繊維

カーボン強化プラスチックの生産性革新へ

 
カーボンプリプレグは、炭素繊維の束を薄く広げて熱硬化性樹脂を含浸させた、最高強度の強化プラスチックを製造するためのシート状の中間材料です。
 
SERECARBO®︎(セレカーボ)は、世界初の30秒硬化※ と高速脱型、さらにシート常温保管を実現、カーボン強化プラスチックの生産性と物理特性を変える新型プリプレグです。セーレンは、DIC株式会社、福井県工業技術センターと共同で量産プロセスを構築、実証機を用いたシートサンプルの提供を開始しております。  ※金型プレスの場合。シート巻取り成形・オートクレーブでは従来硬化時間60分を30分程度に短縮

世界最速硬化 カーボンプリプレグ
SERECARBO®︎(セレカーボ)とは

カーボン強化プラスチックの生産性と物理特性を変える新素材

SERECARBO®︎は、空気開繊技術と特殊秒速硬化樹脂を高精度に融合することにより、世界最速 30秒硬化※ と高速脱型、さらに世界初のシート常温保管対応を実現。生産性革新や設備・管理負担の大幅軽減を可能にします。また薄地軽量、かつ高い疲労耐久性も両立、高いスペックを要求される用途への適用が可能です。  ※金型プレスの場合。シート巻取り成形・オートクレーブでは従来硬化時間60分を30分程度に短縮

きれいに糸を開く
〈空気開繊技術〉

繊維束を高速に薄く拡げる⇒強さ軽さ

特殊樹脂
〈高速硬化ウレタンメタクリレート〉

最短30秒硬化+常温安定性

均一に浸み込ませる
〈高精度含浸〉

薄膜塗工 + 均等含浸 ⇒ 強さ軽さ

 

SERECARBO®︎の特徴

開発進度

パイロット製造サンプル供給中 

SERECARBO®︎の活用例・用途

お客様の活用例

1.生産性向上
・硬化と脱型速さ⇒成形キャパ倍増
・冷凍解凍不要⇒結露や調湿なしで使える
 
2.品質向上
・繊維配列が均等⇒疲労耐久に優れる
 特に、50μm以下の薄さ
 
3.環境負荷低減
・工場CO2排出削減
 
 

対応成形法

  • 金型プレス
  • シート巻取り成形(シートワインディング)
  • 連続成形(ベルトプレス、引抜き他)
  • オートクレーブ 

 
 

想定用途

航空宇宙

車輌

土木・建築

素材データ

標準見本(幅300mm×100m巻)

横スクロールでご覧ください
 品番 炭素繊維 樹脂 繊維目付
(g/m2)
樹脂含有率
Rc(wt%)
基材目付
(g/m2)
参考厚み
(mm)
UD050-AS01R PAN系標準グレード
・引張強度:4900MPa
・弾性率:230GPa
・密度:1.80


標準硬化タイプ
硬化スピード優先
低吸湿・Tg140℃
50 36  75  0.05
UD100-AS01R 100 34  150  0.10
UD050-AL01R 低温硬化タイプ
省エネ&外観品位優先
低吸湿・Tg121℃
50 36  75  0.05
UD100-AL01R 100 34  150  0.10

推奨硬化条件

  金型プレス
(脱型可能時間)
推奨 : 型締1~2mm/秒、圧5MPa↑
シート巻取り法・オートクレーブ
(昇温冷却時間含まず)

推奨 : 速め昇温 3℃/分以上
SERECARBO®︎
標準硬化タイプ
150℃ 1~2分
推奨 170℃      40秒
150℃ 30~40分
推奨 170℃ 15~20分
SERECARBO®︎
低温硬化タイプ
推奨 100℃ 5~10分
120℃ 3~5分
110℃ 50~60分
推奨 130℃ 20~30分
参考
一般エポキシ品
  130℃       120分
150℃         60分

保管期限

  5℃ 20℃ 30℃
40℃
SERECARBO®︎
標準硬化タイプ
12ヶ月 6ヶ月 2ヶ月 1ヶ月
SERECARBO®︎
低温硬化タイプ
6ヶ月 3ヶ月 1ヶ月 2週間
参考
一般エポキシ品
2ヶ月 1ヶ月 1週間 3日間

期限を過ぎましても使えなくなるものではありません。最もベストな状況で使える期限とお考えください。
硬化がわずかずつ緩やかになっていき、微小な物性影響も可能性ありますが、明確に観察されておりません。
 
 

近日追加予定
「500mm幅」「厚地200g」「織物タイプ」「高靭性タイプ」

その他の目付、巻き長、樹脂含有率、繊維グレード、機能等の
カスタマイズにつきましては、別途相談させてください

お問い合わせ

CONTACT

世界最速硬化 カーボンプリプレグ「SERECARBO®︎」に
関してのお問い合わせはこちら
LinkIconお問い合わせフォーム