人々の暮らす社会、人々の生きる地球への取り組み

セーレングループでは、多分野にわたり事業を展開し、環境負荷低減や環境汚染防止に貢献する数々の製品・技術を生み出しています。

  • INPUT

    • 材料(生地など) 染料・薬剤 荷具・資材

      環境負荷物質管理
      化審法
      労働安全衛生法
      毒物劇物取締法
      その他各種法令、自主規制
  • セーレンの事業活動

    • 開発

      グリーンラボ
      環境配慮型製品
      および技術の開発
    • 生産

      原糸〜企画〜製造〜製品までの
      一貫生産システム
      ロス・ムダの削減
      ビスコテックスシステム
      無駄なものをつくらない
      省資源・省エネルギー
      ホテルファクトリー
      環境配慮型の工場
      ゼロ・エミッション
      ISO14001認証取得
    • オフィス

      インテリジェンスビル
      省エネルギー対応
  • OUTPUT

    • 製品

      法規制
      有害物質を含有する家庭用品の規制
      RoHS指令
      Reach規制
      環境対応製品の認証
      OECO-TEXⓇStandard 100
      bluesignⓇ
      エコマーク、J∞QUALITYなど
      客先・業界の自主規制
      JAMP → chemSHERPA
      GADSL
      客先RSLなど
    • 廃棄

      産業廃棄物の削減
      繊維屑、ビニール、紙などのリサイクル
      大気汚染防止法
      大気汚染VOCの排出管理、削減
      焼却炉の撤廃など
      CO2の排出管理、削減
      水質汚濁防止法
      重金属、溶剤などの排出管理、削減
      化学物質管理促進法(PRTR法)
      化学物質の排出、移動に関する自主管理に基づく報告及び排出、移動量削減
  • 革命的VA活動

    全社員参加ロス・ムダの完全廃止

    「よく見つけましたね運動」の実施

    (社員のコスト、環境意識の向上)

  • 環境推進委員会の運用

    各種環境問題に対して
    小委員会活動を実施

    廃棄物のリサイクル化の推進

    環境問題に関する全社啓蒙活動
    (勉強会の実施)

  • 整流活動

    仕事の役割と責任を明確にし、
    問題を五ゲン主義
    (原理、原則、現場、現物、現実)
    で日々改善していく活動

環境配慮型施設の取り組み

セーレングループは、循環型社会の形成を目指し、研究開発、生産活動を行っています

  • 環境配慮型研究施設

    研究開発センター

    環境と共生する「グリーンラボ」、新たな発想と果敢な挑戦を育む「クリエイティブラボ」、高い信頼性と安全性、そして高い性能を有する「高機能ラボ」を基本方針に、人と地球にやさしい新技術や新製品の研究開発を行っています。
    研究開発センター
  • 環境配慮型工場

    FMセンター

    フィルムをベースにした次世代電磁波シールド材の量産を行う生産拠点です。有価な資源である“水”のリサイクルを前提とした生産工程、ならびに高効率リサイクルシステムを設計開発。生産工程で排出される水の90%をリサイクルできる生産ラインを確立し、省資源型の生産に取り組んでいます。

    リサイクル率90%以上

    環境配慮型工場
  • 環境配慮型オフィス

    福井本社ビル

    深夜電力を利用した氷蓄熱方式によるオール電化空調システムによる省エネルギー、電力の平準化、高遮熱断熱複層ガラスによる外部熱負荷抑制など環境にやさしく、エネルギー消費を抑制したビル環境を整えました。
    研究開発センター
FACEBOOK セーレン株式会社公式facebookページ