新着情報

HOME > 新着情報 > 2022年 年頭挨拶

2022年1月1日

2022年 年頭挨拶

セーレン株式会社
代表取締役会長 兼
最高経営責任者
川田 達男

 明けましておめでとうございます。新年にあたりご挨拶申し上げます。
 
 昨年は、引き続き新型コロナウイルスが世界的に猛威を振るい、グローバルサプライチェーンの混乱、拡大と延長を繰り返した緊急事態宣言や東京オリンピック・パラリンピックの無観客開催など、社会・経済活動に大きな制約を受けた1年となりました。そのような環境の中、DX推進による働き方の多様化や新しい生活様式の定着など、「アフターコロナ」「ウィズコロナ」時代に向けた変化が進んだ1年でもありました。
 
 2022年は、コロナ禍を契機とした環境の変化が一層進展すると予想され、企業には変化を先取りした課題への取り組みが重要となります。
 
 環境変化に着実に対応すべく、セーレングループは引き続き「未知の可能性への挑戦!」を方針に掲げ、“イノベーションと顧客開発”および“企業体質の再建”を推進し、独自シーズを活かした新たな付加価値創出に挑戦していきます。
 特に、サステナビリティに対する意識が急速に高まるなか、当社の「ビスコテックス」は、ITを駆使することで多品種、少ロット、在庫レスを可能とし、社会の課題解決に貢献するシステムであります。「ビスコテックス」を活用することで、環境品質をより一層高めた新たなビジネスモデルによるサービスを構築してまいります。
 また、「開発力」「人材力」「問題解決力」といった「数字に表れない企業力を高める経営」に力を入れ、本年もさらなる企業体質の強化に取り組んでまいります。「新たなセーレン」を目指し、従業員全員が同じ方向を目指してモチベーションを高く持ち、のびのび(自主性)・いきいき(責任感)・ぴちぴち(使命感)と働くことができるよう、「夢」を共有し一歩一歩進んでいきます。
 
 2022年も、皆様のご支援をお願いしますとともに、本年が皆様にとりまして良い年となりますことを祈念し、新年の挨拶とさせていただきます。